リプレイスファクター公式サイトはこちら

会社勤めをしていると、何かと経費を立て替えする事もあります。
でも、立て替え経費を精算する前に急にお金が必要になった…こんな経験をした人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、リプレイスファクターです。

リプレイスファクターは、あなたが立て替えている経費を今すぐに現金化してくれるシステムです。

でも「立て替えた経費を現金化してくれるってどういう仕組みなのだろう…」「現金化するっていうことは、借金と同じシステムなの?」と不安や疑問があります。

そこで、リプレイスファクターがどうやって立て替え経費を現金化してくれるのか、また現金化した分の弁済はどうするのかなど、詳しく見ていきましょう。

立て替え経費の現金化〜リプレイスファクター

「交通費・通信費など会社の経費を立て替えているのだけど、急にお金が必要になってしまった。でも立て替えしたお金の経費精算前はまだずっと先…」

こんな時に頼りになるのが、交通費や通信費などの経費を現金化してくれるリプレイスファクターです。

  • 急な物入りで現金が必要になったが、どうにか会社や家族にバレずにお金を借りたいと思う人
  • 金融ブラックだからお金が借りることが出来ない人
  • 立て替え経費の精算が溜まっている人

こんな人は、かかった経費を即現金化してもらえるリプレイスファクターがおすすめです。

経費精算リプレイスファクターの特徴とは?

  • 申し込みしてから最短15分で現金化が可能
  • 審査の時に、会社への在籍確認の電話等はなし
  • 誰にも知られる事なく、経費の現金化をすることができる
  • 金融ブラックになっている人でも利用可能
  • 土日祝日も請求可能。夜8:00まで営業しているから急な出費の時も安心

経費精算ファクタリングの仕組みとは?

現在働いている会社・取引先に請求予定のある交通費や通信費始め、その他の経費。これらはいずれ会社に請求するものですが、請求日まで日にちがある場合もあります。

そんな時、経費精算ファクタリングを利用すると、申込みしてから最短15分で請求予定の経費を現金化することができるのです。

借金ではないので借入履歴にはならない

経費精算ファクタリングは、融資とは違い、現金化しても借入履歴として残りません。
しかも、借金にはならないため、金利・利息なども発生しません。

経費精算ファクタリングは、全く新しい形の現金調達の方法なのです。

金融ブラックの人でも申し込みOK!

急な出費の時、「カードローンを利用したい」と思っても、金融ブラックの人は審査に落ちてしまう可能性がありますよね。

そんなときにも経費精算ファクタリングのリプレイスファクターであれば、利用可能の可能性が高いです。

なぜなら、経費精算ファクタリングは借金とは違うため、経費の領収書や精算書があれば金融ブラックの人でも申し込みができます。

リプレイスファクターに申し込みしたい!準備するものは?

それでは早速、リプレイスファクターの申し込みをしてみましょう。
まずは、利用審査で必要となる準備するものを用意します。

  • 対象となる領収書や経費精算書
  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 貯金2ヶ月分の給与振り込みを確認することができる銀行口座の入出金履歴
  • 健康保険証
  • 顔写真付きの身分証明書(運転免許証など)
  • IDセルフィー

※IDセルフィーとは、自分の顔の近くで顔写真付きの身分証明証を持ったまま撮影した自撮りのことです。

身分証明書の顔写真や文字が明確にわかるように撮影しましょう。
また、顔は正面を向いておくことや帽子をかぶらないこと、髪が目にかからないことなどが条件です。

リプレイスファクターの利用手数料はいくら?

リプレイスファクターを利用する際には、利息などは発生しませんが、利用手数料が発生します。
利用手数料の一例を見てみましょう。

◎経費の精算金額が10万円の場合
10万円―利用手数料20%=8万円

経費の精算金額が10万円の場合、手数料の20%を引かれるので、振込みされる金額は8万円になります。

その後、実際の会社や取引先への立替経費の精算日に、リプレイスファクターに実際の経費の10万円を弁済すれば、取引は完了となります。

リプレイスファクター利用の流れ

実際にリプレイスファクターを利用する際の流れを説明します。

STEP.1 申し込み

リプレイスファクターの公式サイトにあるお申し込みフォームに必要事項を記入し、利用の申し込みをします。

リプレイスファクター公式サイトはこちら

STEP.2 必要書類を提出する

利用審査のために必要な書類を提出します。
(顔写真付きの証明書、健康保険証、領収書や経費精算書類、直近2ヶ月の給料明細、貯金2ヶ月分の給料振込みが確認できる銀行口座の履歴、IDセルフィー)

STEP.3 利用審査

必要書類が届き次第、利用審査に入ります。

利用審査は最短5分のスピード審査を実施しているため、すぐに合否の連絡がきます。

STEP.4 契約

審査に通過した場合は、契約となります。

契約は電子契約書で行いますので、指定の場所に署名してリプレイスファクターに送信します。

STEP.5 立て替え

申し込み後、最短で15分ほどで指定の振込先へ振り込まれます。

STEP.6 弁済

契約書に記載されている期日までに、弁済金を指定の銀行に振込すれば、全ての取引が終了します。

会社や取引先へ立て替え経費の実際の精算日を把握しておきましょう。

リプレイスファクター利用にあたってのQ&A

立て替え費用を即現金化できるリプレイスファクターの利用する前、よくある質問についてお答えします。

Q1:どんな経費を現金化できるのか

領収書・経費精算書があり、勤務先や取引先から支払われる予定がある立て替え経費であれば、原則としてどのような経費でも現金化可能です。

現金化の対象かどうか不安な場合は、以下に問い合わせてみてください。

リプレイスファクター03-5308-2655(10:00〜20:00)

Q2:利用審査の時間はどのくらいかかりますか?

申し込み後の利用審査は、最短で5分程度で完了します。

Q3:現金化の時間はどのくらいかかりますか?

申し込みをしてから審査を経て現金化されるまで、最短で15分ほどかかります。
スピード対応なので、急な出費の時も安心です。

Q4:利用手数料はどのくらいかかるのか

経費の現金化の際に発生する利用手数料は、20%〜となっています。

手数料のパーセンテージは、現金化する金額の状況によって変動する場合があります。

気になる時や不安な時は、事前に問い合わせください。

Q5:サービスを利用後の弁済方法は?

現金化した後、実際に立て替え経費精算日がきたら、弁済金を指定の口座に入金します。

締切日もありますので、確認しておきましょう。

Q6:本当に会社や家族に知られずに利用できますか?

リプレイスファクターでのやり取りはユーザーとの2者間取引になるため、ほかの人には知られずに利用することができます。

リプレイスファクターとの取引自体は、電子契約書でのオンライン取引になるため、会社や自宅に書類なども届きません。また、会社への在籍確認の電話などもないので、誰にも知られることなく立て替え経費の現金化取引をすることができます。

Q7:金融ブラック、借入総量規制は引っかからない?

リプレイスファクターでの取引は、立て替え経費の現金化を行うファクタリングサービスになるため、借入とは違います。

ですから、金融ブラックの人や、借入総量規制に引っかかっている人でも利用することが可能です。

まとめ

資金調達の新しい形式であるリプレイスファクターでの取引についてご紹介しました。

会社の経費を立て替えているけれど、精算日が少し遠い時、すぐに現金が手元に欲しい状態で困っている人は、リプレイスファクターで経費の立て替え金額を現金化してもらうことが可能です。

リプレイスファクターによる取引は借入とは違うため、金融ブラックの人でも使用可能です。

借入履歴にも入りませんので、まずは気軽に申し込みをしてみて下さい。

リプレイスファクター公式サイトはこちら